陣形紹介:爆弾パ

Let’s 爆裂!!

爆弾パとは

セット効果「爆発は芸術なり」の発動を狙った編成です。

 

ウィグル、ジャカン、チョークの攻撃力が増加することで、単体では火力の範囲外である傭兵を強引に倒し、相手のキー傭兵を道連れにします。

 

また、必須ではありませんが、ウィグル、チョークと相性の良いベリアスを入れることで、支援によりバフがかかった相手の傭兵を効率的に倒すこともできます。

 


代表的な傭兵

<ジャカン>
自爆カウンターにより自身の攻撃力の3倍のダメージを与えます。

 

猛攻ルーンとセット効果によりHPが8000以上の傭兵を倒すことができます。

 

なお、ジャカンは支援が効かないためベリアスの「髑髏転生」が適応されない点には注意が必要です。

対策

低耐久の傭兵は自爆カウンターで道連れにされやすいことから、単純に耐久性のある編成が有効です。

 

アルカンとルシウスを組み合わせた編成やレピテアやグランヒルト、セリアを取り入れたいわゆる反逆パであれば対策が容易です。

今後の流行予想

今後の傭兵の実装予定を見ると相対的に弱体化が見込まれます。

 

新オクトとして実装予定のバルゼは、攻撃時にデスガードが付与され、実質的にカウンターを無効することに加え、今後、エネルギーガード持ちの傭兵が実装されるため、自爆カウンター自体が衰退されると予想されます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です